社会起業家の育成に限定したビジネススクール、社会起業大学の学生ブログです。
  社会起業大学やソーシャルビジネス(社会的企業)、
  ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)に関する情報や、
  学生の活動の様子を発信します!!

2012年05月10日

司馬遼太郎の「峠」を読みました

こんにちは。ビジネスマネジメント学部の「異彩を放つ男」、菅野です。

ゴールデンウィークが終わって、12月からインターン&アルバイトでお世話になった日本ファンドレイジング協会での勤務が終わりました。元の失業者に戻り、生活するための仕事探しに精を出す毎日です。

そのかわり、時間もたくさんできたので、いつにも増して本を読んでいます。ここ数日の間に、久しぶりに司馬遼太郎の歴史小説を引っ張りだして読みました。司馬遼太郎というと「坂の上の雲」や「龍馬がゆく」が有名で、日本人がイメージする坂本龍馬像は司馬遼太郎が作り上げたといっても過言ではありません。また、司馬史観という見方もあって、合理的で明晰な思考を持った人物たちを主人公とし描く作品が多い作家でもあります。

その中で、私が好きな作品のひとつ「峠」も読みました。



51N7E5FYK7L._SS500_.jpg

この物語は、幕末の北越の譜代小藩に生まれた河井継之助の半生を書いた歴史小説です。

彼は、幕府にも新政府軍にも組しない武装中立を目指し、独自の藩政改革を断行していきます。やがて、大政奉還・王政復古後、長岡にも官軍が迫り、小千谷会談での無条件即時恭順を要求する官軍との交渉に失敗した継之助は、自ら戦の指揮をとり官軍を散々苦しめます。一度は奪われた城を奪還するも、官軍の大反攻にあえなく負傷・敗走。会津に逃れる途中で亡くなります。

彼の死後、長岡を戦火に陥れた戦犯として、一部の人にはヒールとして扱われているという話もある人ですが、私から見れば、継之助の思想に時代の流れがついてこれなかったこと、あまりにも時代の流れが急速すぎたため継之助が対応できなかったことの両方を感じます。双方が時代の流れに沿うことができず、その乖離が悲劇を生んでしまったのだと感じます。彼のものの見方、考え方はとても的確であると思うし、素直で、可愛くて前向きな、とても気高く美しい男であったと感じます。

彼の青年期の生き方や考え方が自分の人生や理想にとても近いので、共感を持てました。「そういう生き方を自分もできたらいいなぁ」と何度も思いました。長岡から離れ、諸国を漫遊して、いろいろな人と出会いました。そこで、自分の思想と他の思想を比べ、自分の理想をより高めていったこと。どんなことがあっても自分の理想のために意思を曲げなかったこと。周りの人間や世相を冷静に分析すること、当時の日本としてはいち早く外国とのつながりを重要視し、また、情報収集の重要性をつかんでいたこと、弟子を取らないので有名な岡山・備中松山藩の山田方谷に人間的魅力で弟子入りをし、藩の財政再建で名を上げた方谷の思想を吸収していくことなど、これからの生き方ヒントになることがたくさん書かれていました。

ただし、最後は彼の自尊心が自分も周りの人をも苦しめる形になったのは残念でした。武士の世の終焉を予期しながら最後まで武士としての立場にこだわり、散っていったわけですが、「自分のエゴをどこで出して、どこで引くか」、「義をどこで発揮して、どこで妥協するか」ということも大事なのではないかと感じました。これが、現代で美しく生き抜く一つの考え方なのかもしれません。

タイトルの「峠」は、志を立てて、雪の三国峠を越えて長岡を旅立ち、死線をさまよいながら八十里峠を越えたことに由来するのだと思います。死期を予感した継之助は下僕に己の棺おけを作ることを命じ、

「八十里、腰抜け武士の越す峠」

という自嘲的な辞世の句を残し、この世を去っていくわけですが、武士としての潔さと、その部分をとてもそっけなく表現している部分も印象に残っています。

読書感想文でレポートを書いた本の著者、渡邉美樹氏が課題図書のなかで「歴史小説から人間の生き方を学ぼうと、徹底的に読みあさった」ということが書いてありましたが、「中でも『峠』は『聖書』『論語』に次ぎ、私の生き方に影響を与えたと言えるでしょう。幕末の時代に自分の生き方を貫き通した(主人公)河井継之助のような生き方を学びたい方に、ぜひ読んでいただきたいですね」といっています。なんとなくですが、渡邉氏の思想の良い所も悪い所もこの作品とダブるところがあります。

とはいっても、今、自分がここにいるきっかけを作ったのがこの作品ともいえます。辛かった時代に人に紹介されて読み出して、そこにでてくる人物をたどっていっていろいろな本を読んで考察をしているうちに自分の生き方を見つけることができました。


そのほか、私がよく読む司馬作品として、「俄」「新史太閤記」を挙げておきます。
posted by 社会起業大学 学生 at 00:00| Comment(9) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

その幸運は偶然ではないんです!―クランボルツの計画された偶発性

こんにちは。ビジネスマネジメント学部の菅野です。

この1週間で、日曜日に事業計画勉強会の振り替えでNPOマネジメント学部の授業に参加したことと、水曜日クラスのワークショップで、株式会社イミオの倉林啓士郎さんのお話を拝聴しました。

ここでは、「原体験」というキーワードが需要なようですが、私は今のところ若干の違和感があります。「原体験」で共感が得られるほど、世の中甘くはありません。

ただし、最近私が感じる大事なキーワードがあります。それは、
「たまたま」
という言葉です。

「クランボルツの計画された偶発性」というキャリアプランの考え方があります。スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論で、個人のキャリア形成は予期せぬ偶発的な出来事に大きく影響されるものであり、その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることによってステップアップできるという考え方です。

個人のキャリア形成をもっと幅広くとらえ、その8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって決定されると考えます。重要なのは、その偶然を避けるのではなく、当人の主体性と努力によって最大限に活用すること。さらには予期しない出来事をただ待つだけでなく、自ら創り出せるように積極的に行動したり、周囲の出来事に神経を研ぎ澄ませたりして、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていくべきだというのがこの考え方です。これを実践するために必要な行動指針として、クランボルツは次の5つを挙げています。

(1) 「好奇心」 ―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること
(2) 「持続性」 ―― 失敗に屈せず、努力し続けること
(3) 「楽観性」 ―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること
(4) 「柔軟性」 ―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること
(5) 「冒険心」 ―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

今まで積み上げてきたキャリアに対して、それに固執することよりも本当に自分が好きなことを心をオープンにして向き合うことが大事です。何かアクションを起こすと、そこから必ず何かが派生して偶然の出来事も起こることになります。二者択一の場面で選択した結果、それが間違いだったとしても、行動を起こすことでまた偶然の出来事が起こります。一番いけないのは「何もしないこと」。何もしなければ間違いも起こさないでしょうが、当然幸運も掴むこともできません。そして、選択した事については手を抜かず、真剣に努力することなしにはやはり幸運は掴めません。

今までの自分を振り返って、ターニングポイントで「こうしておけば・・・」という反省もしてしまいがちですが、過去は過去として未来は今から考える。自分の性格、能力、経験は関係なしに、偶然を前向きに捉える。うまくいっている人たちはそう思える人たちなのではないでしょうか。

「クランボルツの計画された偶発性」を知ったのも、1度目の職業訓練で産業能率大学の「マーケティング・マネジメントコース」に行って、キャリアプランの講義のときに、たまたま、雑談程度の話で出てきたからです。まだ新しい理論なので著書が少ないのですが、たまたま、そのあとに読んだクランボルツの本が、たまたま、社会起業大学の本棚にありました。気になった人は読んでみてはいかがでしょうか。
4478733244.jpg
その幸運は偶然ではないんです!
(ジョン・D・クランボルツ/ダイヤモンド社/2005)

私にとって、社会起業大学に来たのもはっきり言って「たまたま」です。その「たまたま」の力で夏には大きな花を咲かせます。
posted by 社会起業大学 学生 at 17:24| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

すばらしい!

 皆さんこんにちは。茨城のリーサルウェポンこと
3期生の中村です。

 最近、フリードリヒ・ニーチェの本を買いました。ドイツの哲学者です。
名前は聞いたことがあるものの、内容までは知らなかった私ですが、
本屋でその本を見つけちょこっと立ち読み…

 小難しい事柄が書かれている思ったのですが…
なんと言いますか…最初の印象は…

軽っ!

 あれ?哲学書ってこんなだっけ?と勘違いしそうでした。

 しかしなんとも読みやすく、さっぱりしたその文章と親近感の湧く人柄と内容に惚れ、衝動買い(笑)。
特に彼がどんな人かわかるような文章を抜粋します。

「いい人が現れるのを待ち望んでいるのかい?恋人が欲しいって?自分を深く愛してくれる人が
 欲しいって?それは思い上がりの最もたるものじゃないか!自分を愛してくれるのはたった一人だけでいいって?その一人は多くの人の中にいるんだぜ。それなのに、みんなから好かれるようにならない自分を誰が愛してくれるというんだ?おいおいわかってんのかな。きみは最初からめちゃくちゃな注文をしてるんだぜ!」

 最初見たとき爆笑しました。たぶん店員さんは私を不審者か頭の足りない子だと思ったでしょうが、同時になんだか心の中を見透かされたような内容に、ちょっとドキドキあせあせ(飛び散る汗)
 とりあえず、私も人に嫌われない努力をしようかなと思います。
手始めに床に落ちたものは食べないようにします。

posted by 社会起業大学 学生 at 22:00| Comment(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。